忍者ブログ
しまねこです。憲法改正、国防軍設立、日教組解体!反天皇の殲滅!!を念じつつ、にゃーにゃー叫んでまいります。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[3509] [3508] [3507] [3506] [3505] [3504] [3503] [3502] [3501] [3500] [3499
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『公心』ってIMEに無いのね。

ワールドカップのニュースを見ていて、
観戦後にゴミ拾いをして帰る若者さんたちの姿が
海外のメディアで好意的に報道されているそうですね。

大震災の時の秩序だった日本人の行動もそうだけれど、
私たちには当たり前の事が、他の国ではそうではない、と言う事実。
『日本人ってなんなの?』そう言う声も多いそうですね。

ここに遊びに来て下さる方はたぶん、
そう言う日本人の行動規範の大元が
直観的に天皇と結びついていると理解されていると思います。
が、言葉に置き換えきれないのではないですかね。

そこで、しまねこがちょっと頑張って解析してみます。

人間は死ぬと、
(おおざっぱに書きますのでそのまま信じないように)
魂が3つに分かれます。
一部は天之御中主神の元へ。
(これぞ人間の神性、人間が人間である証)
これは生まれる時、神々に頂いた分魂。

そして魂魄。
魂(こん)は簡単に言うと公心。
魄(はく)は私心。エゴ。

魂魄はそれぞれに分かれて、行くべき世界へ導かれるのですが
現代人は魂魄がごっちゃに凝り固まって
どこまでが私心で公心か分からなくなってる人が多いのだそう。
これが怖いことで、魂魄が綺麗に離れるまで
そこらへんを彷徨う事になるそうな。

人がこの世で為すべき事は、
魂魄の魂をいかに大きく育てるかにかかっており、
魂魄の容量、体積と書き換えても良いですが
これはサイズが決まっておるそうです。
懐が広い、とか器が大きいと言うのはそう言う事かと。

魂(公心)が大きくなると魄(私心)は小さくなり、
魄(私心)が大きくなるとは魂(公心)小さくなる。
魂魄は少し空気の抜けた風船を想像すると分かりやすいです。
風船の片方をぎゅっと握ると、片方が大きく膨らんで
もう片方は小さくしぼみますね。
人の魂魄も同じなんです。

若い頃は自我に走ります。それは普通。
本能が大きく自我を動かしますから、
自分に利するものに価値を見出します。
ですが、人は成熟するにつれ、欲しい物がだんだんなくなって行って
逆に世のため人のために役立ちたいと言う気持ちが強くなります。
・・・そうならない人も多いですが、
末路が見えてて怖いですね。

さてこう言う視点で世の中を見て見ると
・・・面白いでしょ?
そしてハッ?!と気づくはずです。
天皇陛下のご行動を見て来た私たちは、
陛下の私心がどれほど小さなものであるか、
もう、感服せずにはいられないわけです。

神道は神ながらの道、と言う意味です。
神ながら、は神に倣って生きると言うこと。
神ながらをご体現なさっておられる一番のお手本が天皇です。
その天皇を崇敬している人々は、
知らず知らずに自分の公心を育てておるわけです。

日本に、日本人として生まれて良かったでしょ?


ざっくり書いたので、そのままよそで魂魄を語らないように。
あとでがっぷり叱られますからね。





PR
聖戦?   *HOME*   34.8度
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ここは私たちの国 私たちが守る国




チャンネル桜
二千人委員会、桜サポーター
大募集


いつでも里親募集中

ネットでのお買い物はぜひ、当サイトからお願い致します。<(_ _)>








最新記事
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]